2022年03月11日

11年という年月

東日本大震災から今日で11年を迎えた。


11年という年月の経過が信じられない。
受け入れがたい。

体験したことのない強烈な地震や計画停電、テレビの映像での被災地の悲惨な光景など

印象が大きすぎて当時のことをまだそれなりに覚えている。
そのせいか、10年以上の経過というのが信じられない。

来年も再来年も10年後も似たようなことを言ってそうだな。


きっと、被災地の方々は昨日のことのように記憶が鮮明なのかもしれない。

posted by 夕食はあじふらい at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類