2022年09月27日

冷ややかな視線

安倍元総理の国葬が世論の賛否分かれる中で行われた。


個人的にはやや否寄りのどっちでもいい派かなぁ・・・。


国葬の話が出た当初はぜひやるべきと思っていた。
歴代最長の総理を務めた人だし当然かと。

でも、カルト教団よろしくずぶずぶ的な話題が出てきたころから見る目は変わってきた。
その後の東京オリンピックでの収賄問題も直接的ではないにしろ自民党への悪印象。


16億も掛けた国葬でどの企業がよろしくずぶずぶやってどれだけ儲けるの?
英雄の葬儀ですら金儲けの道具にされてしまうの??
そんな見方しか出来ない。


安倍さん個人には尊敬と弔意の目を向けるけど、自民党という組織に対しては今の状況では冷ややかな視線を向けざるを得ない。

そんな感じでやや否寄りのどっちでもいい派。


同じ意識の人、多いんじゃないかな・・・・。

posted by 夕食はあじふらい at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189835749

この記事へのトラックバック